history




okyokai01.jpg

  三崎町教会は、プロテスタントの流れを汲むバプテスト派の教会として
  1908年(明治41)神田三崎町に中央バプテスト教会として誕生しました。
  東京の中央に位置する三崎町教会は、
  教会の形成と共に近隣の人々のための隣保事業を行い、
  キリスト教宣教の実をあげてきました。





okyokai02.jpg


  1913年(大正2)神田の大火で教会堂は焼け落ちましたが、
  その苦難を乗り越えて1916年(大正5)再びこの地に
  新会堂が献げられました。









  1941年okyokai03.jpg(昭和16)に日本のキリスト教会が合同して
 日本基督教団を結成したときに加盟し、教団の申し合わせにより、
 日本基督教団三崎町教会と名称を変更しました。

 1923年(大正12)の関東大震災、
 そして第二次世界大戦の東京大空襲の時にも
 大きな被害を受けましたがこれを復興し、
 1974年(昭和49)には、都心伝道にかなった会堂を建設しました。





 現会堂は19IMG_2834.JPG93年に建てられました。
 2008年には教会創立100年を迎え、この三崎町の地にあって、
 キリストの恵みを現しつつ立ち続けたいと願っています。